会員様メニュー

会員登録はこちら

メールアドレス
パスワード

商品検索


姫の部屋
じいのはかり工房
はかりクリニック「なんでも相談室」ドクター永谷

商品カテゴリー

リンク
ご利用・お買い物のご注意
会員規約・ポイント利用規約
個人情報保護方針

姫の部屋

このコーナーでは女性スタッフが店舗の裏話や日常のあれこれを、書いていきます。
息抜き程度におつき合いいただければ幸いです。


2012/4/9/14:30


手作りのおもしろさ






『お家でできる~〇〇〇セット!』などいろいろな手づくり道具を
最近よくみかけるので手作りに興味を持ちはじめたスタッフのさかいです(・∀・)
そこで今回は新富士バーナー(株)のミートミンサーとソーセージメーカーを使って
手作りソーセージにチャレンジ



今回、使用したものは…
・豚肩肉(背脂多め)…300g    ・ミートミンサー(ST-171)
・豚バラ肉(赤身多め)…700g   ・ソーセージメーカーセット(ST-173)
・冷水       …100cc   ・ボウル
・白胡椒      …3g    ・へら
・黒胡椒      …2g    ・温度計
・塩        …15g    ・針
・ケーシング(天然羊腸)…2m×3本






まずは、したごしらえから


ケーシングには人工と天然があります。今回はケーシング(天然羊腸)を使いました。
天然腸の場合は15分程水につけ、塩抜きをします。その間にブロック肉を2cm角ぐらいにカットしておきましょう!
※お肉のスジは軽く取り除いておくとミンサーにかけやすいと思います。
私が使用したときもスジがミンサーにつまってしまったので(笑)






【ST-171】ミートミンサー
ソーセージづくりはミンチづくりが肝心!
肉に熱が伝わりにくい手動ミンサー












ミートミンサーを平らな所に置き、吸着盤レバーをロックして本体を固定します。
切ったお肉を入れ、材料押さえを使って押し込みながらハンドルを回していきます。
※もし、お肉がつまったら無理に回さず、少し戻してからまわすと大丈夫です。










ミンサーで挽いたお肉をボウルに入れて、冷水・スパイス・塩を入れてねばりがよく出るほど練ります。










【ST-173】ソーセージメーカーセット
手作りソーセージをつくりたい!
適量の肉が簡単に腸詰めできるハンドル式











水につけておいたケーシング(羊腸)をよく水洗いし、
ソーセージメーカーの口金(ノズル)にセットして先を結びます。
※ケーシングが乾くとはめにくいので、水をつけながらやるとスムーズで効果的です!





いよいよ、ソーセージメーカーにお肉を詰め込みます。
※1回で約250g入ります。












ハンドルを押しながら、お肉をおくり出します。
おおおぉぉぉ!!
ソーセージのかたちになってきました!!
端から5cm腸を残し、詰め終えたら端を結び、お好みの長さでひねります。
※ほどけそうな場合はタコ糸などを使うと便利です。
ゆでる前に針で穴を開け、中にできた空気をぬきます。







ゆでる作業にはいります



70~80℃のお湯で約10分ゆでます。温度が高いと腸が破けたり美味しさが
にげてしまうので注意しましょう!
ゆであがったら、あとはお好みで焼いたり・燻製したり楽しみましょう!


おいしそおおおおおおお!(●^o^●)


みてくださいこの食欲を誘うおいしそうなソーセージ☆




お昼に焼いて社員のみなさんに試食していただきました(^O^)/
みなさんから『おいしかったよぉ~(●^o^●)』と嬉しいお言葉を頂きました。

ソーセージってこうなってできていたのかぁ~と発見がいっぱいありました!
一回チャレンジしてみると、次はこのスパイスいれてみようかなとか
燻製にしてみたい!と、どんどんソーセージづくりの魅力に惹かれていきます。
自分流のソーセージを極めたり、家族や仲間とも一緒に楽しめるセットです!





商品の詳細が気になる方はコチラから!

【ST-171 ミートミンサー】商品ページ

【ST-173 ソーセージメーカーセット】商品ページ


以上、さかいでした(`・ω・´)ゞ